So-net無料ブログ作成

格闘家 “強運”山本優弥、憧れのイム・チビン越えへ [格闘家]

開催迫る「童貞K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL16」(21日、マリンメッセ福岡)に出場する山本優弥が15日、所属する都内・青春塾で公開練習を行った。山本は小比類巻太信の欠場を受け、リザーブファイトから本戦へ“繰り上がり出場”となり、韓国のイム・チビンと対戦する。
「今年に入ってすごいツイてるんで、(リザーブファイトで)イ・スファン選手と対戦が決まっている時も、本戦に出られると思って練習していました。嬉しいです」
 10日の練習後にクリック保証出場を聞いたという山本だが、待ってましたとばかりの表情で、不安や緊張は感じられない。
「世界レベルの人たちが集まる大会なので、自分を高めることに専念していました。相手が誰だからどうとかいうことはありません」
 突然の対戦相手変更による戸惑いより喜びの方が大きいようで、山本は会見中も笑顔を絶やさない。それにはもう一つ理由がある。

KID、1年半ぶり復帰戦の相手はレスリング世界王者 [格闘家]

総合格闘技「DREAM.9」(5月26日、神奈川・横浜アリーナ)で行われるフェザー級GP2回戦の対戦カードが10日、東京都内のホテルで発表され、待望のDREAM初登場で2007年大みそか以来およそ1年半ぶりの試合となる山本“KID”人妻は、元レスリング世界王者のジョー・ウォーレンとの対戦が決定した。
 ウォーレンはライブチャットで世界的な実績を挙げているだけでなく、1回戦では優勝候補の元WEC王者チェイス・ビービを総合デビュー戦でTKO撃破と、そのポテンシャルは抜群。この新星を迎え撃つKIDは「早く試合がしたくて仕方ない。楽しみですね。まずは体を万全にして、今回は試合前にケガをしないように落ち着いて試合に向けて頑張りたい」と抱負を語った。

秋山、7月の「UFC 100」に出場決定 [格闘家]

秋山成勲のUFCデビュー戦が「UFC 100(7月11日・マンダレイベイイベントセンター)」に決まった。階級は当初予定のとおりミドル級(約83・9キロ以下)で、対戦相手はアラン・ベルチャー。
 ベルチャーは逆援助交代の激しいUFCにおいて、約3年間8試合を戦っている、いわば“常連選手”で、1月大会では秋山とも対戦経験のあるデニス・カーンに一本勝ち。秋山にとっては初戦でいきなり、金網の戦いに長けた難敵と対戦することになった。
なお、同イベントは出会いタイトルにあるとおり、UFCの第100回記念大会。ブロックレスナーとフランク・ミアによるヘビー級チャンピオンシップが行われるほか、ジュルジュ・サンピエールやダン・ヘンダーソンなどの人気選手も登場。日本の総合格闘技イベント「DEEP」で活躍したキム・ドンヒョンの出場も決まっている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。